リクルートカードプラス

ポイント交換@お得な還元率カード比較ランキング

ここではリクルートカードプラスについてご紹介していきます

TOPページ >PontaカードTOP > リクルートカードプラス

リクルートカードプラス情報

リクルートカードプラス

リクルートカードプラスは、JCBカードが使える店に加え、

  • じゃらん
  • じゃらんゴルフ
  • ホットペッパーグルメ
  • ホットペッパービューティ
  • ポンパレ
  • ポンパレモール
  • ポンパレeブックストア
  • 赤すぐnet
  • MARQREL
  • ERUCA
  • Oisix
  • SHOPlier
  • やっちゃばマルシェ
  • レアジョブ英会話
  • TABROOM
  • 人間ドックここカラダ
  • キノギフト
  • AirWALLET
 

という、リクルート系のWEBサービスで貯めることができます。

基本的に購入代金の2%が貯まりますが、例えばじゃらんゴルフは1%、ポンパレモールは3%など、サービスによって変わってきます。

年会費は2,000円です。

リクルートポイントはアプリ「ショプリエ」を通じて、

  • PARCO
  • P.S.FA
  • TOKYU HANDS
  • ユザワヤ
  • X-LARGE
  • x-girl
  • 靴下屋
 

などの提携ブランドの商品と交換できます。

  100万円で何ポイント? ポイント還元率早見表
使った金額 1,000,000円
貯まるポイント 20,000点
貯まるマイル
交換できる景品 PARCO、P.S.FA、TOKYU HANDS等の商品

リクルートカードプラスの特徴

リクルートカードプラスは、2013年8月にリクルート社から発行されたクレジットカード。リクルート社は、1963年に設立された、広告を主体にした、出版およびインターネットにおける情報サービス、人材紹介、教育など多方面に事業を手掛ける企業。

2014年10月に、東証一部上場し、初値3100円で、時価総額が2兆円を突破し、大型上場として話題になりました。

リクルートカードプラスは、ほとんどのサービスで購入代金の2%が貯まります。ただし、1%のサービスや、3%のものもあります。

旅行傷害保険が最高3,000万円、ショッピング保険が年間200万円保障されます。

2015年春からPontaポイントと統合。それまでは、上記のリクルート社のサービス限定でしか使えなかったリクルートポイントが、Pontaの提携先で使えるということは、実質1ポイント1円でほぼどこでも使える状態となりました。

リクルートカードプラスのメリット

100円で1ポイントがポイントカードの相場なので、100円で2ポイントというのは、高還元率と言えます。

また、ポンパレモールでは5%に、じゃらんでの宿泊予約は4%になります。

リクルートカードプラスのデメリット

年会費2,000円かかるのがデメリットです。2,000ポイント貯めても、年会費が2,000円かかると、実質プラスマイナス0になります。2,000ポイント以上貯めるビジョンがあればお得なカードと言えます。

 

リクルートカードプラス

ポイント交換・還元率比較結果      
還元率 85点
ポイントのお得さ B
店舗数 A
店の品揃え A
景品の品揃え B
マイル交換
他ポイント交換
総合評価 A


最強カードベスト3

どのカードが最強のポイントカードなのでしょうか。例えばドラッグストアでいえば、還元率で考えるとくすりのダイイチの3.3333%、丘の上薬局の3.3333%などがトップクラスです。

しかし、くすりのダイイチは西東京中心に7店舗、丘の上薬局は多摩センターなどに3店舗しかありません。

還元率ももちろん重要な要素として考えながらも、なるべく多くのところでポイントを貯められることを考えると(結局そのほうが早く貯まる)加盟店が多くある、クレジットカードがいいということになります。

また、リアル店舗のみならず、インターネットでの買い物も重要です。そこでのポイント高還元率、使いやすさも考えると、楽天カードとYahoo!JAPANカードがオススメです。

楽天カードは、楽天市場でドラッグを購入すると、楽天スーパーポイントが4倍、還元率4%になります。楽天スーパーポイントが使えるドラッグストアは、マザーピア、ヴァインドラッグ、ケンコーコム薬局などです。

Yshoo!JAPANカードは、100円につき1ポイントのTポイントが貯まりますが、Yahoo!ショッピングとLOHACOでドラッグを購入すると、3倍のポイントが貯まり、還元率3%となります。Tポイントが使えるドラッグストアは、ウェルシア、ハックドラッグ、ドラッグイレブン、ドラッグユタカ、ドラッグストアmac、金光薬品などで使えます。

ランキング1位 楽天カード
楽天カード

楽天サービスと、JCB、MasterCard、VISA提携先で貯まるポイントです。100円につき1ポイントが貯まります。1ポイント=1円として支払いに使えます。楽天ダイニング加盟店ではポイントが2倍になります。医薬品など、なんでも買える楽天市場で、ポイント4倍、還元率4%になります。

公式詳細
口コミ・評判 特徴 ポイントお得度
楽天市場で医薬品を買って還元率4% 99点
ランキング2位 Yahoo!JAPANカード
Yahoo!JAPANカード

クレジットカード利用で、100円で1ポイント貯まります。Yahoo!ショッピングとLOHACOを利用すると、Tポイントが3倍貯まります。貯まったTポイントは1ポイント1円で使えます。Yahoo!ショッピングとLOHACOで100円で3ポイントを貯め続けることを考えると、高レートのポイントカードです。

公式詳細
口コミ・評判 特徴 ポイントお得度
Yahoo!ショッピングとLOHACOを利用すると、Tポイントが3倍貯まる 98点
ファミマTカード
ファミマTカード

ファミリーマートで利用することにより、200円で1ポイントが貯まります。100円で1ポイントが相場なので、200円1ポイントというレートは高くはないのですが、公共料金でポイントが貯まるという特徴があります。公共料金でポイントが貯まる唯一のカードです。一年間の公共料金全額を考えると、最強の還元率です。

詳細
口コミ・評判 特徴 ポイントお得度
公共料金で貯めることができる 97点
 

PontaカードTOP

ページトップへ戻る

Copyright (C) ポイント交換.net All Rights Reserved.