コスモス薬品のポイント情報

コスモス薬品のポイント情報

ドラッグストアの売上高ランキングで4位に入るコスモス薬品。上位三社のマツモトキヨシ、サンドラッグ、ツルハホールディングスはポイントカードを発行しており、当サイトでも紹介してきました。

そしてコスモス薬品のポイントを紹介しようと思ったのですが…なんとコスモス薬局はポイントカードを発行していませんでした。

もちろん理由があり、宇野社長の「毎日のように当店に来てくれるロイヤルカスタマーは、意外なことにポイントカードを嫌う」と分析する。レジでポイントカードのやり取りがあると顧客がレジに並び出し、「会計して家に帰るまでに時間がかかる。当店のご近所に住むお客様の中には、ポイントなんていらないから、すぐに会計して帰りたいという人がたくさんいた。急に薬が必要になって買いに来た時は尚更だ」というポリシーのようです。(ITPRO

もともとポイント還元を行っていたのですが、2003年5月の個人情報保護法の成立とタイミングを合わせて、ポイント還元を廃止したそうです。

その分商品の価格を安くし、エブリデーロープライス状態にしたということ。確かにそれも一理ありますね。

コスモス薬品の特徴

コスモス薬品は、1983年に福岡県で有限会社コスモス薬品として設立されました。1991年に株式会社コスモス薬品となり、2004年にマザーズ上場。2006年には東証一部上場しています。

平成25年~26年の売上高は3,718億円で、ドラッグストアの売上高ランキング4位に入っています。

コスモス薬品の戦略は「小商圏型メガドラッグストア」。小売業は激しい競争をしていますが、商圏人口1万人以下の「小商圏」に限定すると、競争は限られていくということです。商圏を自ら分割し、他社の入る余地のない小商圏を作り、そこで圧倒的なシェアを取り、今にいたるということです。

代表取締役は宇野正晃。社員数は2,706人。(2015年5月末)店舗数は676店舗です。(平成27年 9月末現在)