クリエイトS・Dのポイント情報

クリエイトSD

クリエイトS・Dで商品を購入すると、ポイントを貯めることができます。

レートは100円=1ポイント。

ポイントカードに貯まったポイントは400ポイント単位で400円=400ポイントで利用できます。

最終利用日から1年間利用が無い場合ポイントは全て無効になります。

100万円で何ポイント? ポイント還元率早見表
使った金額 1,000,000円
貯まるポイント 10,000点
貯まるマイル なし
交換できる景品 なし

クリエイトS・Dの特徴

クリエイトSDホールディングスは、1983年に設立された、神奈川県を中心にドラッグストア(薬店)・調剤薬局を運営する企業。

神奈川県・東京都・静岡県を中心に薬局店舗「クリエイトSD」を運営しています。

307店舗(2010年5月末現在)を運営。代表取締役は廣瀨泰三です。

クリエイトSDのポイント2倍デー

クリエイトSDは基本的には毎月5・10・15・20・25・30日がポイント2倍デーになります。

よりお得な還元率を目指すなら、5・10・15・20・25・30日に行くのが有効です。

クリエイトSDは何ポイントから利用できるのか

クリエイトSDのポイントは、400ポイント貯まった段階で400円分の買い物券に替えることができます。

クリエイトSDのポイントのメリット

クリエイトSDのポイントのレートは100円で1ポイント。これはポイントカードの相場です。クリエイトSDは関東に307店舗あるので、関東の人には貯めやすいポイントです。

ポイントデーには100円で2ポイントとなります。

クリエイトSDのポイントのデメリット

マツモトキヨシ等と比べると、全国展開しているわけではないので、誰もが貯められるポイントというわけではありません。

最終利用日から1年間利用が無い場合ポイントは全て無効になります。



最強カードベスト3

どのカードが最強のポイントカードなのでしょうか。例えばドラッグストアでいえば、還元率で考えるとくすりのダイイチの3.3333%、丘の上薬局の3.3333%などがトップクラスです。

しかし、くすりのダイイチは西東京中心に7店舗、丘の上薬局は多摩センターなどに3店舗しかありません。

還元率ももちろん重要な要素として考えながらも、なるべく多くのところでポイントを貯められることを考えると(結局そのほうが早く貯まる)加盟店が多くある、クレジットカードがいいということになります。

また、リアル店舗のみならず、インターネットでの買い物も重要です。そこでのポイント高還元率、使いやすさも考えると、楽天カードとYahoo!JAPANカードがオススメです。

楽天カードは、楽天市場でドラッグを購入すると、楽天スーパーポイントが4倍、還元率4%になります。楽天スーパーポイントが使えるドラッグストアは、マザーピア、ヴァインドラッグ、ケンコーコム薬局などです。

Yshoo!JAPANカードは、100円につき1ポイントのTポイントが貯まりますが、Yahoo!ショッピングとLOHACOでドラッグを購入すると、3倍のポイントが貯まり、還元率3%となります。Tポイントが使えるドラッグストアは、ウェルシア、ハックドラッグ、ドラッグイレブン、ドラッグユタカ、ドラッグストアmac、金光薬品などで使えます。