ポイントカードのメリットデメリット|ポイント交換・最強還元率を徹底比較!  

|CgȊҌJ[hrLO


ポイント交換の基礎知識 >ポイントカードのメリットデメリット

ポイントカードのメリットデメリット

ポイントカードとは

ポイントカードとは、商品を買ったり、サービスを受けることで、ポイントが貯まるカードのことです。貯まったポイントは、次に買い物をするときに使うことができます。

代表的なものは、TポイントカードとPontaカードです。

Tポイントカードは、CCCクラブが運営し、現在4,000万人の会員数がいるカード。最近、T-SITEというポイント用のポータルサイトもできました。

Pontaカードとは、三菱商事の完全子会社である株式会社ロイヤリティマーケティングが発行・運用・管理するポイントサービス。ローソン・ゲオの会員が移行することで始まり、会員数が4,000万人を突破しています。

ポイントカードのメリット

ポイントカードのメリットは、当然、ポイントが貯まることです。貯まったポイントは、次回の買い物で使えるので、実質的な値引きになります。

今は、Tポイントなら、Tポイントを使える会社はTSUTAYA以外にも多くのサービスがあるので、TSUTAYAで貯まったお金をファミリーマートで使ったり、多角的に割引を受けることができます。

また、例えば公共料金などでポイントが使えるカードもあるため、割引どころか、プラスになるケースもあります。

ポイントカードのデメリット

ポイントカードのデメリットは、まず、カードを持つことです。持てば持つほど、サイフにカードが溜まっていきます。

二つ目は、情報が収集されることです。悪用はされないものの、自分の行動の記録が残り、それがマーケティングに利用されることを、いいと思う方も悪いと思う方もいるでしょう。

三つめは、これは全てではないですが、ポイントを発行するために値上げしているという、本末転倒の場合があります。調べなければわかりませんが、ポイントだけに惑わされない賢い消費者でありたいものです。



最強カードベスト3

どのカードが最強のポイントカードなのでしょうか。例えばドラッグストアでいえば、還元率で考えるとくすりのダイイチの3.3333%、丘の上薬局の3.3333%などがトップクラスです。

しかし、くすりのダイイチは西東京中心に7店舗、丘の上薬局は多摩センターなどに3店舗しかありません。

還元率ももちろん重要な要素として考えながらも、なるべく多くのところでポイントを貯められることを考えると(結局そのほうが早く貯まる)加盟店が多くある、クレジットカードがいいということになります。

また、リアル店舗のみならず、インターネットでの買い物も重要です。そこでのポイント高還元率、使いやすさも考えると、楽天カードとYahoo!JAPANカードがオススメです。

楽天カードは、楽天市場でドラッグを購入すると、楽天スーパーポイントが4倍、還元率4%になります。楽天スーパーポイントが使えるドラッグストアは、マザーピア、ヴァインドラッグ、ケンコーコム薬局などです。

Yshoo!JAPANカードは、100円につき1ポイントのTポイントが貯まりますが、Yahoo!ショッピングとLOHACOでドラッグを購入すると、3倍のポイントが貯まり、還元率3%となります。Tポイントが使えるドラッグストアは、ウェルシア、ハックドラッグ、ドラッグイレブン、ドラッグユタカ、ドラッグストアmac、金光薬品などで使えます。

ランキング1位 楽天カード
楽天カード

楽天サービスと、JCB、MasterCard、VISA提携先で貯まるポイントです。100円につき1ポイントが貯まります。1ポイント=1円として支払いに使えます。楽天ダイニング加盟店ではポイントが2倍になります。医薬品など、なんでも買える楽天市場で、ポイント4倍、還元率4%になります。

公式詳細
口コミ・評判 特徴 ポイントお得度
楽天市場で医薬品を買って還元率4% 99点
ランキング2位 Yahoo!JAPANカード
Yahoo!JAPANカード

クレジットカード利用で、100円で1ポイント貯まります。Yahoo!ショッピングとLOHACOを利用すると、Tポイントが3倍貯まります。貯まったTポイントは1ポイント1円で使えます。Yahoo!ショッピングとLOHACOで100円で3ポイントを貯め続けることを考えると、高レートのポイントカードです。

公式詳細
口コミ・評判 特徴 ポイントお得度
Yahoo!ショッピングとLOHACOを利用すると、Tポイントが3倍貯まる 98点
ファミマTカード
ファミマTカード

ファミリーマートで利用することにより、200円で1ポイントが貯まります。100円で1ポイントが相場なので、200円1ポイントというレートは高くはないのですが、公共料金でポイントが貯まるという特徴があります。公共料金でポイントが貯まる唯一のカードです。一年間の公共料金全額を考えると、最強の還元率です。

詳細
口コミ・評判 特徴 ポイントお得度
公共料金で貯めることができる 97点
 

ポイント交換の基礎知識TOP

ページトップへ戻る

Copyright (C) ポイント交換.net All Rights Reserved.