|CgȊҌJ[hrLO


家電量販店ランキング >エディオンのあんしん保証カード

エディオンのあんしん保証カードポイント情報

エディオンのあんしん保証カード

    エディオンで買い物をすると、ポイントが貯まります。100円で3ポイント貯まる商品と、100円で5ポイント貯まる商品があります。

    100円で3ポイント貯まる商品は

    • スマートフォン・携帯電話用アクセサリ
    • 映像・オーディオ・デジタルカメラ用アクセサリ
    • 各種メモリカード・USBメモリ
    • パソコンサプライ
    • 映像・音楽用データメディア
    • 理美容・健康小物
    • 電池・電球・配線器具
    • キッチン小物
    • 家事用小物
    • 玩具全般・ゲーム機関連

    です。

    100円で5ポイント貯まる商品は

    • テレビゲームソフト
    • 映像・音楽ソフト

    です。

    貯まったポイントは1ポイント=1円として使えます。

    ポイントの有効期間は「獲得年度の残り日数+一年間」となります。

      100万円で何ポイント? ポイント還元率早見表
    使った金額 1,000,000円
    貯まるポイント 30,000点~50,000点
    貯まるマイル マイル
    交換できる景品
     

    エディオンあんしん保証カードの特徴

    エディオン

    エディオンは、ヤマダ電機、ビックカメラグループに続く、業界三位の売上高を誇る家電量販店です。

    2002年3月に、中国地方を基盤とする株式会社デオデオと中部地方を基盤とする株式会社エイデンの共同で、エディオングループの持株会社として設立しました。

    2002年3月28日東証一部・名証一部上場。

    2005年には近畿地方を基盤とする株式会社ミドリ電化を子会社化、2006年には関東地方を基盤とする石丸電気を関連会社化と、規模を拡大しました。

    2007年、ビックカメラとの経営統合を行おうとしていましたが、方向性の違いで2年間の業務提携のみにとどまりました。提携していれば、業界一位のメガ家電量販店になっていました。

    2013年にはリフォーム会社の株式会社LIXILグループと資本・業務提携を結ぶことを発表。同時に第三者割当増資を行い同年9月11日を以ってLIXILグループが株式を8.00%を保有する筆頭株主となりました。

    代表取締役は久保允誉(まさたか)。売上は6,912億16百万円(平成27年3月期)。グループ店舗数は1,212店舗(直営:432店舗、フランチャイズ:780店舗)(平成27年3月31日現在)。従業員数は15,537名(正社員8,788名、臨時従業員6,749名)(平成27年3月31日現在)です。

    エディオンあんしん保証カードのメリット

    ポイントカードの相場は100円で1ポイントなので、100円で3ポイント~5ポイントというのは相場よりも高いと言えます。

    家電に、保証がつきます。

    10年保証対象→購入商品単価10万円以上のエアコン・冷蔵庫

    5年保証対象→購入商品単価5万円以上の指定家電21品種

    3年保証対象→購入商品単価3万円以上の指定家電21品種

    エディオンあんしん保証カードのデメリット

    「ポイントカード」としてみれば高還元率ですが、「家電量販店のポイントカード」としてみると、ヨドバシカメラやビックカメラが10%なので、それよりは低いといえます。

     

    エディオンのホームページ

      ポイント交換・還元率比較結果      
    ポイントお得度 84点
    ポイント付与率 3%
    1ポイント= 3円
    100万円でいくら貯まる? 30,000円
    最終還元率 3%
    店舗数 A(1,212店舗)
    店の品揃え A
    景品の品揃え A
    マイル交換
    他ポイント交換
    総合評価 A

      エディオン安心   

    最強カードベスト3

    どのカードが最強のポイントカードなのでしょうか。例えばドラッグストアでいえば、還元率で考えるとくすりのダイイチの3.3333%、丘の上薬局の3.3333%などがトップクラスです。

    しかし、くすりのダイイチは西東京中心に7店舗、丘の上薬局は多摩センターなどに3店舗しかありません。

    還元率ももちろん重要な要素として考えながらも、なるべく多くのところでポイントを貯められることを考えると(結局そのほうが早く貯まる)加盟店が多くある、クレジットカードがいいということになります。

    また、リアル店舗のみならず、インターネットでの買い物も重要です。そこでのポイント高還元率、使いやすさも考えると、楽天カードとYahoo!JAPANカードがオススメです。

    楽天カードは、楽天市場でドラッグを購入すると、楽天スーパーポイントが4倍、還元率4%になります。楽天スーパーポイントが使えるドラッグストアは、マザーピア、ヴァインドラッグ、ケンコーコム薬局などです。

    Yshoo!JAPANカードは、100円につき1ポイントのTポイントが貯まりますが、Yahoo!ショッピングとLOHACOでドラッグを購入すると、3倍のポイントが貯まり、還元率3%となります。Tポイントが使えるドラッグストアは、ウェルシア、ハックドラッグ、ドラッグイレブン、ドラッグユタカ、ドラッグストアmac、金光薬品などで使えます。

    ランキング1位 楽天カード
    楽天カード

    楽天サービスと、JCB、MasterCard、VISA提携先で貯まるポイントです。100円につき1ポイントが貯まります。1ポイント=1円として支払いに使えます。楽天ダイニング加盟店ではポイントが2倍になります。医薬品など、なんでも買える楽天市場で、ポイント4倍、還元率4%になります。

    公式詳細
    口コミ・評判 特徴 ポイントお得度
    楽天市場で医薬品を買って還元率4% 99点
    ランキング2位 Yahoo!JAPANカード
    Yahoo!JAPANカード

    クレジットカード利用で、100円で1ポイント貯まります。Yahoo!ショッピングとLOHACOを利用すると、Tポイントが3倍貯まります。貯まったTポイントは1ポイント1円で使えます。Yahoo!ショッピングとLOHACOで100円で3ポイントを貯め続けることを考えると、高レートのポイントカードです。

    公式詳細
    口コミ・評判 特徴 ポイントお得度
    Yahoo!ショッピングとLOHACOを利用すると、Tポイントが3倍貯まる 98点
    ファミマTカード
    ファミマTカード

    ファミリーマートで利用することにより、200円で1ポイントが貯まります。100円で1ポイントが相場なので、200円1ポイントというレートは高くはないのですが、公共料金でポイントが貯まるという特徴があります。公共料金でポイントが貯まる唯一のカードです。一年間の公共料金全額を考えると、最強の還元率です。

    詳細
    口コミ・評判 特徴 ポイントお得度
    公共料金で貯めることができる 97点
     

    家電量販店TOP

ページトップへ戻る

Copyright (C) ポイント交換.net All Rights Reserved.