楽天カード


楽天カードとは、楽天が発行している年会費永年無料・ポイント特典付き、インターネットショッピングにも便利なカード

JCB
MasterCard

の提携店舗では、100円につき1ポイントが貯まります。

JCBは国内1000万店舗、 MasterCard世界3,800万店舗(日本でもクレジットカードが使える店はほとんど)。

クレジットカードが使える店なら、ほぼ使えるということです。

楽天トラベルではポイント2倍(楽天トラベルご利用ポイント1倍(100円で1ポイント)、楽天カードご利用通常ポイント+1倍)、

楽天市場での買い物でポイント最大3倍(楽天市場ご利用ポイント1倍(100円で1ポイント)、楽天カードご利用通常ポイント+1倍、楽天カードご利用特典ポイント+最大1倍)、

Rakoo(旧楽天ダイニング)の加盟店の買い物で最大ポイント2倍(楽天カードご利用通常ポイント1倍(100円で1ポイント)、Rakoo(ラクー)ご利用のポイント+1倍)、

街の加盟店でポイント最大3倍(楽天カードご利用通常ポイント1倍(100円で1ポイント)、楽天カードポイント加盟店ご利用ポイント+0.5倍~+2倍)、

仮にポイント2倍だと、50円で1ポイントとなり、還元率2%というポイントカードの中で高レートになります。

Rakoo(旧楽天ダイニング)加盟店は、

庄や
はなの舞
甘太郎
世界の山ちゃん
やるき茶屋
やきとりの扇屋

など。

しかも、ポイント2倍どころか、ポイント5倍、ポイント10倍キャンペーンが行われることもあります。

100万円で何ポイント?ポイント還元率早見表
使った金額 1,000,000円
貯まるポイント 10,000点

楽天スーパーポイントが使えるドラッグストア

楽天ポイントが貯まる、使えるドラッグストアは、サンドラッグ、ツルハドラッグ、ダイコクドラッグ、マザーピア、ヴァインドラッグなどです。

「ドラッグストアのポイント」という考え方ではなく「楽天スーパーポイント」にポイントを集約してしまい、ドラッグストアもそれを集める場所の一つという考え方にすると、ポイントが貯まりやすくなるのでオススメです。

楽天市場でポイント3倍

インターネットを利用される方であれば、楽天市場を使うと、ポイントが3倍になります。

楽天市場とは、楽天の始まりである、eコマースサイトのこと。
インテリア・日用雑貨
食品・ドリンク・お酒
家電・パソコン・通信
ファッション・バッグ
コスメ・健康・医薬品
本・音楽・ゲーム

…など必要なものはほぼ揃います。

これをうまく利用すれば、100円で3ポイント、還元率3%という、高還元率を得ることができます。

今なら5,000ポイントプレゼントキャンペーン中

楽天カードに今入会し利用すると、5,000ポイントのプレゼントキャンペーン中です。

100円につき1ポイントということは、5,000ポイントというのは50万円と同じということ。…といっては言い過ぎですが、どうせ加入するのであれば、キャンペーン中がいいですね。

楽天ポイントとは

楽天ポイントとは、楽天系のサービスで貯まるポイントのことです。

楽天とは、1997年に三木谷浩史社長によって創業された、2019年現在1億以上(ID登録完了後1回以上ログインをしたことのあるID(退会者除く))のグループ会員にネットショッピングをはじめとしたインターネットサービスを提供している企業です。

本社は世田谷区玉川の、楽天クリムゾンハウスです。

2000年のジャスダック上場以降、積極的なM&Aで事業を拡大しています。(2013年、東証一部に)

主に7つの事業を行っています。

EC事業-楽天市場、楽天ブックス、楽天オークション他
クレジットカード事業-楽天カード
銀行事業-楽天銀行
ポータルメディア事業-インフォシーク、オーネット、楽天リサーチ、楽天ブログ他
トラベル事業
証券事業-楽天証券
プロスポーツ事業-東北楽天ゴールデンイーグルス他
通信事業-フュージョンコミュニケーションズ
下記のサービスを利用すると、ポイントを貯めることができます。

楽天市場
楽天BOOKS
楽天Kobo
楽天オークション
楽天24
楽天デリバリー
楽天海外販売
楽天ネットスーパー
楽天ID決済
楽天オート
楽天トラベル
楽天GORA
楽天カード
楽天銀行
楽天証券
楽天Edy

等で商品を購入したり、サービスを利用すると、ポイントを貯めることができます。

レートは100円=1ポイント。1ポイントは1円で利用可能です。

楽天カードのメリット

1、JCB、MasterCardの加盟店という幅広い店舗で100円につき1ポイントが貯まります

2、楽天ダイニング加盟店ではポイントが2倍になります。2倍どころではないキャンペーンも随時行われています

3、医薬品など、なんでも買える楽天市場で、ポイント3倍になります

楽天カードの登録の仕方

下記のバナーや、「公式ページに飛ぶ」をクリックしてください。

楽天公式ページへ。

「楽天カードに入会」をクリック。

ここで、「楽天会員はログイン」という画面になります。
間違ったわけではないので、IDとパスワードを入れ、ログインしてください。
楽天会員でない方は入会してください。

MastercardかJCBかを選んでください。

楽天カードか楽天ピンクカードか楽天ゴールドカードを選んでください。

暗証番号を決めます。

名前、性別、生年月日、電話番号、メールアドレスを入力します。

楽天からのお知らせを受け取るかをチェックします。
受け取るのがイヤであれば、受け取らないにチェックしましょう。

住所、家族、世帯人数、居住状況、居住年数、住宅ローン、勤め先、年収、預貯金額を記入します。
前述しましたが、
楽天カードはクレジットカードの中でも入会しやすいカード
なので、年収が低かったとしても、正直に記入しましょう。

請求書送付先、カード入会後の利用目的、楽天ベストレコメンドを受け取るかを記入します。楽天ベストレコメンドを受け取りたくない場合には「受け取らない」を選びましょう。

自動リボサービス申し込みするかを選択します。自動リボサービスとは、自動的にリボ払いになるシステムのこと。リボ払いは高額の買い物をしても分割して払えるというメリットはあるのですが、総額が高くなってしまう可能性があるので、自動リボサービスはしなくていいと思います。

カードのキャッシング枠を選びます。最初は高くしすぎたくなかったら5万円を選びましょう。

他社からの借り入れ金額、家族カードを作るか、ETCカード機能を入れるかを選択します。

Edy付帯機能、Edyオートチャージ設定、Edyからのお知らせの有無を選択します。Edy機能とは、プリペイドカード機能です。お金をチャージして、使うことができます。これを使用すると、楽天ポイントが貯まります。これは登録しておいていいと思います。

引き落とし金融機関、勤務先情報、免許証番号(ある人のみ)、銀行口座、通帳の最終履歴を記入します。

後日確認の電話が来て、登録完了です。